追加に弱い中古ビジネスフォン

追加に弱い中古ビジネスフォン

中古のビジネスフォンを販売業者から購入する場合、
商品の状態や管理がきちんとされているかどうかを
チェックするのも大切なのですが、
導入後に注意すべき点を見ていきましょう。

ビジネスフォンを導入して一定期間後、
業績も順調で社員も増え、既存の設備だけでは
足りなくなってきました。

そこで、導入時に購入した販売業者に
ビジネスフォンの追加設置をお願いすると・・・


「すみません。同じ機種はもうありません。」


中古販売業者は、買い取った機種を横流しするというと
言い方が悪いかもしれませんが、
買い取った分しか在庫を持っていません。

なので、上記のケースのように、
後々追加で必要になった場合に対応が難しいことが多いのです。
現状では、追加や後々のサポートのことまで
手が行き届いているビジネスフォンの中古販売業者はそう多くはありません。

中古のビジネスフォンは費用を抑えられる反面、
こういった緊急時での対応が難しいということを
理解しておかなくてはいけません。

ただ、中古販売業者でもまったく対応が出来ないというわけでもなく、
中には将来的な追加やサポート体制を
しっかりと行っている業者も存在します。

後々社員を増やし設備を増やす予定があるのなら、
あらかじめしっかりと調べて、
追加や保守、サポート体制の整った
販売業者に依頼するようにしましょう。

    Copyright(C) ビジネスフォン簡単導入ガイド All Rights Reserved.